給湯器からの水漏れの原因と交換の必要性について

給湯器からの水漏れの主な原因となるのは、長年にわたって使用することで各種部材が古くなってきているということがあげられます。単なる劣化ならパーツ交換で済ませられると考えるかもしれませんが、給湯器 交換を要する場合もあります。
給湯器は水だけでなくガスと電気も使っている設備のため、安全上どのように対処すればいいのかについて理解することが大切です。

■パーツ劣化による水漏れのケース

パーツの劣化を大きく分けると、金属やゴムなどの消耗と電子機器の故障とがあります。ここでは、ゴムや金属のパーツの劣化について考えます。
まず、Oリングなどのゴム製パーツの劣化のケースでは、パーツ交換で対応できますので給湯器を買い換える必要はありません。しかし、銅管などの金属パーツの劣化が原因となっている場合は、全体的な消耗や劣化が生じていると考えられますので、現在漏れている箇所を直しても別の部分で水が漏れ出してしまう可能性があります。
とくに、給湯器から異常な音が発している場合は、直ちに使用停止してメンテナンスについて検討を始めなければなりません。 

■電子部品の故障による水漏れのケース

次に、電子部品の故障が要因となっているケースでは、水漏れだけでなく水温が一定にならなかったり、使用中に煙が出たりすることがあります。電子機器が故障する場合は、本体内部で水が漏れていてその水が電子パーツにかかって故障にいたっているケースもあります。
最悪の場合、感電事故につながることもありますので、電子部品の故障が疑われるときはすぐに使用を中止しましょう。

■まとめ
たかが水の漏れと思うかもしれませんが、給湯器に関しては、大きなトラブルに至ることも考えられます。水抜き栓からの軽微な漏れ程度なら自分で対応できますが、そうでないときは危険を伴う場合もあるため詳しい人に相談して対応してもらうのが良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ