給湯器配管からの水漏れ対処法

給湯器の配管からの水の漏れは、そのまま放置しておくのはいけません。水抜き栓などからの漏れとは異なり、原因によっては放置しておくことで莫大な出費になることがあるからです。
給湯器に限らず、水の漏れはそのままにしておいて直るものではありません。精神的に穏やかな気持ちで生活するためにも、早い段階で対処しておくことが大切です。

■配管から水が漏れる原因とリスクについて

給湯器の配管は本体の内部と外部にありますが、どちらからの漏れでも劣化が原因となっていることが多いです。給湯器は、7年から10年ほどでの交換がおすすめですが、金属部品の腐食が進んでいるため、大幅な修理やメンテナンスをするのか、あるいは買い換えをするのかを決めなくてはなりません。
とくに、給湯器内部の配管からの水漏れの場合は、電気部品に水がかかることによる短絡が起きると火災に至ってしまうこともあります。外部の配管の漏れについても、給湯器全体に錆が回ってしまうので、健康に悪影響を及ぼしてしまいます。

■賃貸マンションと分譲マンションの場合のリスク

2階以上の集合住宅に住んでいる場合は、階下に漏水被害が及ばないように気をつけないといけません。給湯器の維持管理を怠ったことで被害が及んでしまうと、発生した損害について賠償請求をされる可能性もあります。
住宅設備の修理は建物の火災保険が支払われることもありますので、設備の状況の把握と火災保険の契約条項の確認はできるだけ早く済ませるようにしましょう。

■まとめ
配管からの給湯器 水漏れは、内部と外部のどちらも自分で直すのは困難です。よほどDIYに自信がある場合を除き、ガス会社や水道工事会社に相談して安全点検も含めて調べてもらうようにしましょう。
なるべく支出を抑えて直したいという場合は、2社以上の事業者から見積もりをもらい、比較検討するのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ